GLOBE-TROTTER | 久和原建築事務所blog
新大阪を拠点に設計活動を行っております。
デザインプロセスや考えていることについて
同じ目線からご覧いただきたいと思っております。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< イメージの伝え方 | main | 仙台現場 設備 >>
GLOBE-TROTTER
 
宿泊を伴う長距離移動、荷物が多い時の
お供は、グロ−ブトロッタ−。





100年以上前に英国でデザインされた鞄。
今なお、生産されている息のとても長いモノ。

最新のテクノロジ−で武装したものではないが、
箱全体で剛性をとるようになっているようです。
初め、沢山の荷物を入れて持ち上げたら、
いきなり箱が少ししなり、変形。
しかし驚きは、それ以降はびくともしません。

基本設計は古いが全体のバランス・プロポ−ションがとてもよく、
機能的にも、姿も今なお素敵。

バルカンファイバ−という樹脂コ−テイングした紙を積層して作られた
ネイビ−のボディは、こすれや傷で味わいを増してきます。

変わらないことの良さ、変化が味わい・愛着へと感じられること
懸命に作られた本物だけが醸しだすものでしょうか。



さあ、建築をがんばろう。


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://arck.jugem.jp/trackback/127
TRACKBACK